♯14 作り手の幸せ
942263118_13[1]_convert_20110429010354

僕の器はたまに黒も作るけど、ほとんどは白がメイン。
だから伝統工芸的な陶芸作品とは少しイメージが違うかもしれない。

何年か前に器の色で悩んでいた時に知り合いのカメラマンから
「色の基本はモノクロ。だからまずは白か黒にしてみたら?」
と言われた。

それから芸大で油絵を描いていた飲食店のオーナーからは
「学生時代に絵を描いていた時のように、
今は器というキャンパスに料理という絵を描く感覚でいる」
という話を聞いた。

器はやっぱり料理を盛って初めて完成する。
毎日使ってもらえるような器を作ることが、作り手の幸せだと思う。








( 2011.04.29 ) ( 作品コラム ) ( COMMENT:0 ) ( TRACKBACK:0 )
♯13 商品紹介


エッジの効いたフォルムが特徴の酒器。
これからの季節の冷酒に。

サイズ:W約6cm × H約4cm

¥1,000-







( 2011.04.25 ) ( 商品紹介 ) ( COMMENT:0 ) ( TRACKBACK:0 )
♯12 スタジオ


「スタジオ」と聞くと音楽のようなイメージがありますが、「工房」という意味もあります。
「アトリエ」も同じ意味で使われることが多いですが、
なんとなく「アトリエ」は絵画や手芸をしている女性を思い浮かべてしまいます。(何故だろう?)

個人的には「スタジオ」の方が陶芸の工房のイメージに合う気がするんです。

ということで、ここは「STUDIO」です。







( 2011.04.23 ) ( 日々のこと ) ( COMMENT:0 ) ( TRACKBACK:0 )
♯11 商品紹介


陶の水差し。
剣山を使えば花器としても使えます。

サイズ:W約10㎝ × H約14㎝

¥3,500‐







( 2011.04.21 ) ( 商品紹介 ) ( COMMENT:0 ) ( TRACKBACK:0 )
♯10 装い
942263118_181[1]_convert_20110417153032

おしゃれな人は
その日の洋服や靴や鞄を選ぶこともきっと楽しみでしょう。

同じように
その日の器を選ぶ楽しみ・・・

始めてみませんか?








( 2011.04.17 ) ( 作品コラム ) ( COMMENT:0 ) ( TRACKBACK:0 )