♯138 繊細に 慎重に
逕サ蜒・094_convert_20120825143731

今の自分に出来ることを続ける。
ただ、ひたすらに。

加速して進んだ先にはきっとあるハズ。

慎重に、より繊細へ。










( 2012.08.25 ) ( 作品コラム ) ( COMMENT:0 ) ( TRACKBACK:0 )
♯137 商品紹介 


乳白秞のマグカップです。
250ccとたっぷり入ります。
コーヒーや紅茶はもちろん、カフェオレにも是非どうぞ。

サイズ:W 約9cm × H 約10cm

¥4,000ー








( 2012.08.19 ) ( 商品紹介 ) ( COMMENT:0 ) ( TRACKBACK:0 )
♯136 晴れの器
562896_278530142247564_777991274_n[1]

友人の結式の引き出物を頼まれています。
今日は朝からその梱包と、箱に「寿」の帯を付ける作業でした。
陶芸作家と言えど、こんな地味な作業もたくさんあります。
でも意外と楽しいもんですね!

中身はまた後日アップしますので、お楽しみに~。








( 2012.08.15 ) ( 日々のこと ) ( COMMENT:0 ) ( TRACKBACK:0 )
♯135 一番人気の花器
kaki_photo1[1]

ご存知の方もいらっしゃいますが、
僕のギャラリー兼スタジオは本当に普通の住居用の一軒家です。
なので友人知人や、あらかじめ連絡頂いた方の訪問がほとんどです。
そんな訪問客の中で一番人気なのがこの花器。
僕自身は華道は全く出来ませんが、
来年辺りには華道家の方とのコラボ展示会を密かに目論んでいます(笑)
ということで華を生けれる方、または知人にいらっしゃる方、
是非ともご紹介お待ちしております!







( 2012.08.10 ) ( 作品コラム ) ( COMMENT:2 ) ( TRACKBACK:0 )
♯134 僕の陶芸の先生
2004tubo[1]

僕の陶芸はほぼ独学です。美大や専門学校で陶芸の教育を受けた事も無いし、
有名先生に弟子入りした事も無い。そんな僕が唯一「先生」と呼べる人物がいる。
それは大学時代に近所の陶芸教室で1年間教えて頂いた「吉村敏治」先生。
知り合った当時は陶芸教室の雇われ先生だったのに、
今や国内外で多くの受賞を重ねる陶芸家になっている。
その先生が京都3箇所で展示をされます。

詳細はこちら
 
『以美為用展 -美ヲ以ッテ用ト為ス-』
8/8~8/14 京都高島屋6F美術画廊

『真夏の冷酒杯』2012/8/8~2012/8/19
酒の器 Toyoda 京都市伏見区上油掛町190

『あなたが選ぶ真夏の冷酒杯』
6/30~8/30 京都駅ビル2階 ギャラリーカフェ京都茶寮

もしご興味のある方は是非足を運んでみて下さい。







( 2012.08.08 ) ( 日々のこと ) ( COMMENT:0 ) ( TRACKBACK:0 )