♯187 明日から新年度
逕サ蜒・005_convert_20130331174201

早いものでもう年度末。
そして明日からは新年度の始まりです。

区切りの日ということで、久しぶりに花を活けてみました。
ちなみに花器は僕の作品「漆黒」です。

自分の作品に花を活ける。
たったそれだけでウチのギャラリーが少し春っぽくなった気がします。

本格的な春の気候はもう目の前。
もう暫く我慢しまーす♪








( 2013.03.31 ) ( 日々のこと ) ( COMMENT:0 ) ( TRACKBACK:0 )
♯186 春になると思い出す
image[2]

この季節になると思い出す。
当時の僕は就職活動を終えたばかりで、新4回生になろうとしていた。
大学生活もあと1年。
そして社会人になるまでに新しいコトを始めたい!
と思いながら始めたのが「陶芸」だった。
以前からすごく興味があった訳でもない。友人に誘われて参加した訳でもない。
たった1人で参加したのだ。
そしてなぜか、初の体験教室で一生の趣味を見つけられたように感じた。

そして僕は当時内定をもらった製薬会社を約7年勤めた後に退職し、
今は内定もらった直後に暇つぶしで始めた陶芸を仕事にしようとしている。
人生は本当に何があるか分からない。

この春で陶芸を始めてちょうど10年になる。
言葉にすれば簡単だが、10年とは人の生き方が変わるのには十分な時間だ。

当然今32歳の僕は10年後には42歳になっている。
そして10年後の42歳になっても陶芸が好きで続けていることが出来たら、
それは本当に幸せなんだろうと思う。
そんなことフッと考えてしまう。
そんな2013年の春。 





( 2013.03.28 ) ( 日々のこと ) ( COMMENT:0 ) ( TRACKBACK:0 )
♯185 碗展 終了致しました
o0540037912459560301[1]_convert_20130326230605

24日の日曜日にて、無事に「碗展」終了致しました。
期間中はおかげ様で多くの方々にお越し頂きました。
この場を借りて御礼申し上げます。ありがとうございました!

僕の作品も「漆黒」は完売、「乳白」もいくつかを残すのみ、
という自分でも想像以上の結果で大変嬉しく思っております。

今回は26名の作家さんが参加されたのですが、
僕も在廊中に多くの作家の方々とお話することが出来ました。
今回得られた刺激を今後の制作に生かしていきたいと思います。

今後も是非とも宜しくお願い致します。








( 2013.03.26 ) ( 情報 ) ( COMMENT:0 ) ( TRACKBACK:0 )
♯184 碗展 残り3日です
o0350055112459556438[1]

開催中の碗展。
祝日の20日は小雨の中、たくさんの方に来て頂きました。
昨年都内での個展で初めて展示し、京都では初お披露目の「漆黒」、
おかげ様で完売となりました。
ご覧になられた方、ご購入された方、
本当にありがとうございました。
以前から定番の「乳白」はまだ若干数ございます。
展示は24日の日曜日まで。
ご興味のある方は是非是非。お待ちしております。

期間:3月14日(木)〜24日(日) 12時~18時 ※19日(火)は休店日
場所:くらしの器と切子ガラスの店「結」(京都市中京区麩屋町通二条下る尾張町212-1)
交通:地下鉄京都市役所前駅・烏丸御池駅より徒歩約10分






( 2013.03.21 ) ( 情報 ) ( COMMENT:0 ) ( TRACKBACK:0 )
♯183 碗展 開催中
o0550036412459556439[1]_convert_20130317141151

古典的な器もあれば近代的な器も。
細かい装飾のされた器もあればシンプルな器も。
200近い数の碗が並んでいる光景はなかなか壮観です。
是非お近くにお越しの際にはお立ち寄り下さい。

期間:3月14日(木)〜24日(日) 12時~18時 ※19日(火)は休店日
場所:くらしの器と切子ガラスの店「結」(京都市中京区麩屋町通二条下る尾張町212-1)
交通:地下鉄京都市役所前駅・烏丸御池駅より徒歩約10分







( 2013.03.17 ) ( 情報 ) ( COMMENT:0 ) ( TRACKBACK:0 )